札幌でインプラントをお探しなら札幌インプラントクリニック

診療のご予約・ご相談

011-200-1818
受付/平日 10:00-20:00 土曜日 10:00-19:00 休診/木曜・日曜・祝日(手術予備日・手術受付可)

インプラントIMPLANT

インプラント治療

インプラントとは?

失った歯を再現し咬合を回復する現代歯科医学のなかではインプラントが最も最良の治療法と考えられております。
今では多くのメーカーが進出しており、技術も進歩し、安全性、確実性が増しております。

「自分の歯で咬むような生活が実現」

インプラントとは、顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込み、その金属を土台にして、 天然の歯と同じような人工の歯を取り付ける治療方法です。
埋め込む金属に生体との親和性が高いチタンを使うことが多く、チタンは長年の臨床研究でインプラントの素材として最も安全であり、また顎の骨としっかり結合することが確認されています。
天然歯のような見栄えだけでなく、これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった「食べる・話す」という機能も回復できます。

インプラントは入れ歯治療と比べて周りの歯へ負担を掛けません。
またインプラントは顎の骨に直接かむ力を加えるので顎の骨がやせるのを防げる効果もあります。

こだわりのインプラント
(当院のスタンダード)

当院で使用しているインプラントメーカー

ノーベルバイオケア・アストラテック社・インプラテックス、オステムより、患者様に適したインプラントを提供いたします。

1歯の価格には全て含まれております。

インプラント手術+アバットメント+ジルコニア被せ物
インプラント埋入物
インプラント埋入(1本)
アバットメント
インプラントは、上部構造(歯冠部分)とインプラント体(歯根部分)に分けられ、それらを連結させる部分をアバットメントといいます。
上部構造をインプラントに固定するための支台となります。
被せもの

【ジルコニア】

ジルコニア素材で作られる丈夫なセラミックインレーです。
割れにくく強度があります。

【スクリュー固定式】

歯冠の部分の咬む面からインプラントに対して小さなねじを埋めて留める方法です。上から見たときにネジが見えますが、これは白い詰め物で隠す事が出来ます。最大の特徴は取り外しが出来ることです。
人によってはかみ締めなどにより磨り減ったり、もしくは割れてしまうこともあります。その場合取り外しが出来ると歯冠の部分だけを修理することが出来ます。
静脈内鎮静法
全身麻酔とは違い、向精神薬、鎮痛薬を組み合わせて静脈内投与し、治療に対する不安感や恐怖心を和らげるものです。
投与した数分後には気持ちが良くなり眠ってしまいます。
歯科治療が本当に嫌いな方や、歯科治療中に具合の悪くなる方へおすすめです。(歯科恐怖症)
人工骨予備手術

【サイナスリフト】

インプラントを埋め込む部分の骨が薄い方は、インプラント治療を受けるために骨の厚みを増やさなくてはなりません。
その方法として上顎洞の位置(小鼻くらいの高さ)にあたる歯茎を切開し、人工の骨を補填し強化する方法です。

【ソケットリフト】

インプラントを埋め入れるように歯茎を切開して骨を削り、その穴から人工の骨を補てんする方法です。
サイナスリフトに比べ、手術は容易です。

【GBR】

骨幅が狭い所にインプラントを埋めて安定させる方法です。
インプラントを骨に埋めた後、インプラントが露出したところに人工骨を置いて、膜を被せて数ヵ月後骨化させる治療法です。

【チタンメッシュ骨造成】

生体組織に結合しやすく、骨形成に必要な空洞を長期間保つことができます。
加工が簡単で体への負担も軽く済ませられます。

アストラテック社インプラント

当院では、アストラテック社のインプラントも導入しております。
アストラテックインプラントは世界の大学および研究機関で基礎・臨床研究が行われ、多くの症例報告や論文が発表されています。

インプラントは顎の骨に直接埋入されるものであり、簡単に除去できるものではないので、信頼性のあるインプラントシステムと機能を兼ね備えるものを考えた結果、当院ではアストラテックインプラントを選択しています。

アストラテックインプラントは、生体親和性に優れ、歯周病に対する抵抗力が高く、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。
1985年から開発に取り組み、研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を受けています。
このインプラントシステムも、非常に高品質で当院のおすすめです。

TOP

Copyright (C) 2021 Sapporo Implant Clinic All Rights Reserved.